プレス金型の要素技術(U2Y)

金型材料、加工、組立、品質検査、熱処理、汎用・車用プレス材料等のプレス金型全般に関する要素技術を学び、プレス金型設計のための基礎技術を習得する。

1.プレス金型材料

2.金型部品の熱処理

3.熱処理工場見学

4.金型部品の表面処理

5.汎用および自動車用プレス材料

 


生徒の声

  • 授業内容がわかりやすかったので、会社の後輩にも説明したいと思います。その際に自分で理解できているかも再度復習したいと思います。
  • 各加工についてテキストが細かく書かれていて、さらに先生方が親身に解説してくださり、とてもよく理解できました。想定される金型トラブルについての講義も良かったです。
  • 色々な計算式を知った事で、製品の工程数・加工方法がイメージできるようになりました。
  • 自社の型以外の加工方式(特に絞り)を知る事で選択の幅が広がりました。
  • 金型材料には色々な種類がある事、メーカーによっても違いがある事を初めて知りました。どこのメーカーの材料を使っているか、熱処理の発注手順がどうなっているかを確認してみたいと思います。
  • 自社で金型を製作するうえで、金型素材、焼入れ、表面処理、加工鋼材について考えていなかったので、今回の講義は大変参考になりました。これからは各メーカーから提供されているデータを読み取って、それぞれの特性を見ていきたいと思います。特に工場見学でお邪魔した上島熱処理様の知識・技術には驚きました。
  • 外注に頼りグレーなゾーンとなっている熱処理工程について理解できました。また近年の自動車・ハイテン材の同行は勉強になりました。
  • 今まで慣例で判断して材料を選択してきましたが、授業で初めて鉄の内容や材料の特性について教えてもらえました。自社の材料選択に必ず役立ちます。今後の業務改善に活かせそうです。
  • 自動車用鋼板と金型用鋼板の材料特性の違い、加工性や用途に応じた処理方法など、面白かったです。

 

 

 

金型スクール 2019年パンフレット
2019パンフレット.pdf
PDFファイル 797.8 KB
金型スクール 2019年度申込書
2019moushi.pdf
PDFファイル 132.3 KB

平成31年度の講座は以下の通りです

U1コース:金型入門・基礎コース

金型入門コース

7月1日(月)~6日(土)

金型基礎コース

7月8日(月)~13日(土) 
月曜日~土曜日 9:20~18:10(90分×5コマ)
合計 60コマ

お申し込み締め切り日:5月31日(金)

U2Yコース:金型実践コース プレス金型向け
10月21日(月)~11月2日(土) 
月曜日~土曜日 9:20~18:10(90分×5コマ)
お申し込み締め切り日:9月20日(金)

 

U2Xコース:金型実践コース プラスチック金型向け
11月4日(月)~11月16(土) 
月曜日~土曜日 9:20~18:10(90分×5コマ)
合計 60コマ
お申し込み締め切り日:10月4日(金)


U3コース:金型マネジメントコース

4月上旬~9月下旬

※正式には専門職大学院の30年度時間割が確定次第、アナウンスいたします。