プレス加工の基礎(U2Y)

プレス加工に関わる材料力学の基礎:塑性変形と金属材料の特性、抜き、曲げ、絞りの各加工機構、各加工特性を学ぶとともに各種プレス加工と金型について知見を深める。

1.これからの金型技術者

2.材料力学入門

3.塑性変形と金属材料の特性

4.抜き、絞り、曲げ加工の基礎

5.各種プレス加工と金型

6.プレス加工の精密化と金型

 

 


受講生の声

  • 普段参加する講習ではあまり演習問題は出ませんが、今回の演習では繰り返し演習問題があり、大変でしたがとても勉強になりました。
  • 普段はあまり基礎の部分の計算を行わず、社内のノウハウに頼っていたところもあり、「なぜ良いのか」が判らないまま現状に至っていました。今回の講座を受講し、改めて一から自分の手で確認を行いたいです。
  • 普段は目先の対策で済ませてしまい、本当の原因がわからないものもルーペを使う事で金型にどのようの問題があるのかを発見できると知りました。これは会社に戻って同僚にも伝えたいと思います。
  • 金型設計初心者の為、どのような事から学べばよいかなかなか判断できなかったが、今回の講座で少なからずその道筋をつけていただいたように感じました。
  • 演習問題を会社の後輩教育に活用したいと思います。
  • 市販されているプレス加工のハウツー本よりも、更に実践的な内容でした。実体験に基づく講義内容でしたので、実作業に比較的すぐに活用できる気がしました。
  • 金型の破損するメカニズムの説明は、今まで人に教えてもらったことが無かったので、勉強になりました。
  • 型保全に関する実用的な知識を実践的に教えてもらえたので、即会社で実用できそうです。
  • 材料力学・金属材料・塑性加工の知識など、大学で学んだことを復習できました。演習問題が豊富で理解が深まりました。
  • せん断加工からトライポロジーまで知らないことを学べました。特に絞り加工の工程設計や破断面の見方が参考になりました。
  • トラブルを起こした金型部品を見る機会は今までなかったため、そこからかなり深く原因を探れることを初めて知りました。
  • 破損パーツの観察は目視レベルでしか行っていなかったので破損の原因を知るうえでルーペの活用は大変勉強になりました。
  • 仕事では計算式の活用を行っていませんでしたので、とても勉強になりました。会社に戻ったら役立てたいと思います。

 

 

金型スクール 平成29年度募集要項
H29boshuu.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 1.8 MB
金型スクール 平成29年度申込書
H29moushikomi.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 112.2 KB

平成29年度の講座は以下の通りです

U1コース:金型入門・基礎コース

金型入門コース

6月19日(月)~6/24日(土)

金型基礎コース

6月26日(月)~7月1日(土) 
月曜日~土曜日 9:20~18:10(90分×5コマ)
合計 60コマ

お申し込み締め切り日:5月19日(金)
U2Xコース:金型実践コース プラスチック金型向け
11月6日(月)~11月18日(土) 
月曜日~土曜日 9:20~18:10(90分×5コマ)
合計 60コマ
お申し込み締め切り日:10月6日(金)
U2Yコース:金型実践コース プレス金型向け
10月16日(月)~10月28日(土) 
月曜日~土曜日 9:20~18:10(90分×5コマ)
お申し込み締め切り日:9月15日(金)

U3コース:金型マネジメントコース

4月上旬~9月下旬

※正式には専門職大学院の29年度時間割が確定次第、アナウンスいたします。